HOME » 包茎改善 » 仮性包茎解消

仮性包茎でもあまりコンプレックスを抱く必要は無い?日本人の包茎の割合とは?

仮性包茎解消

2015年06月27日  

0764277e4e1d0859a68fc746a161ebc1_l

日本人と外国人の包茎率の違い

日本人の包茎率は約7割程と言われていますが、その大半が仮性包茎であるということが出来ます。
仮性包茎の場合は特に病気ではなく性行為を行う場合でも問題がないと言えます。
要するに見た目の問題でコンプレックスを抱えている人が美容外科で治療を受けるのですが最近では増加傾向にあるみたいです。
他国と比較するとイスラエルは包茎の人が存在しませんが、これは宗教的儀式として生後すぐに割礼という包皮除去手術を受けるからです。
アメリカなどでも生まれてすぐに割礼をするケースが多いので包茎の人は少ないと言えつまり文化や宗教的の違いが要因だと言えます。

日本人はなぜこうも包茎が多いのか

男性は最初は誰もが真性包茎で成長することで包茎ではなくなるのが一般的です。
成人後に真性包茎で困ることがないように最近では幼児期からのケアが行われるようになりつつあります。
ですが日本はお国柄として非常にシャイな性格の人が多く、一昔前までは親しい間柄でも性的なことは大々的に口にしないのがマナーでした。
現代社会においてはネットで様々な情報を得ることが出来るので、早い段階で包茎のケアをする人が増えたと言えます。
ですがまだまだ日本人は他国と比較して包茎の人が多いということが出来ますし、その理由としては割礼の文化がなかったからです。

友達の「包茎じゃない」は見栄をはっている可能性あり

日本人の7割が包茎であるのなら、周囲の人の多くは包茎である筈ですし本人が口で言っているだけでは信憑性は低いと言えます。
特に思春期ははやく大人になりたいと思う傾向が強いですし、包茎は恥ずかしいという考え方が一般的です。
なので友達相手の場合は実際に見せる機会がないのですから見栄を張って包茎ではないといった所で何の害もありませんし、相手がそういうのならスルーしてあげるのも優しさです。

まとめ

日本人の7割が包茎だと言えますが、真性の人は少なくほとんどが仮性包茎だと言えます。
その場合特に問題がないのでそのままでもかまわないのですが、近年は手術を受ける人が増加傾向にあります。
男性というのは生まれた時は誰もが真性包茎で成長と共に包茎ではなくなります。
包茎でなくなる為にはきちんとしたケアや割礼をする必用があり、日本では最近までその文化がなかったということが出来るのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲