HOME » 包茎改善 » 仮性包茎解消

仮性包茎のデメリットと問題点とは?男性陣は必見です!

仮性包茎解消

2015年06月25日  

a0002_010294_m

世界的にみても日本人男性は仮性包茎の割合が高いです。そんな状態に悩んでいる方も多いと思いますが、その問題点、デメリットなどについてお話しします。

仮性包茎は恥垢が溜まりやすく不潔になりやすい

仮性包茎のデメリットは、性行為や自慰行為をした時に、恥垢がたまりやすい傾向にあります。仮性でない方だと露出状態で垢などがたまりにくく、比較的清潔ですが、仮性の方だと射精後縮まり、そのまま垢なども中にたまったままになれので臭いなどの原因となり、不潔であります。

仮性包茎の大半が早漏になっている可能性がある

仮性包茎の方は、仮性でない方に比べて早漏になっている傾向があります。なぜなら、仮性でない方は、常にペニスが露出した状態で刺激を受けやすいので、射精自体に強くなります。仮性包茎の方は、逆にピーク時だけ露出されやすいので刺激に弱いために早漏になりやすい傾向があります。

仮性包茎と言う事実が性行為に恐怖を抱かせてしまう

仮性包茎の方は、性行為での失敗を抱えている方やネット上でそういった書き込みなども多くて先入観から恐怖感を抱いてしまいやすい傾向にあるのが現状です。

よって童貞が増える傾向にある

そのために、仮性包茎の方は、性行為や仮性包茎自体に対するマイナスイメージが強くなってしまうので、性行為自体に恐怖を抱いてしまって童貞が増えやすい環境になっています。
いくつかの仮性包茎に対するデメリットや問題点を挙げましたが、あくまで傾向になっているだけであって、性行為自体も相手の女性によって変わってくるので一概に言えませんし、対策方法もあるはずなので、ネガティブにならないことが一番大事です。

まとめ

日本人男性の多くが仮性包茎に対する悩みを抱えております。その中で仮性包茎のデメリットや問題点が先行しすぎてるためにマイナスイメージを持ってしまい、性行為に対する意欲をなくしてしまい童貞の方が増えている傾向にあります。ですが、仮性包茎だからと言って、デメリットの部分だけではなく、少ないメリットのある部分に目を向けることで、ネガティブにならないことが大事です。そこからどうすればいいのか対策していけばいいです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲