HOME » 包茎改善 » 埋没包茎を治す

埋没包茎を克服する方法をご紹介!その出っ張ったお腹をスッキリさせよう!

埋没包茎を治す

2015年07月01日  

a0001_009107_m

埋没包茎は皮下脂肪が多いことが原因

肥満によりペニスが体内へ埋まってしまう事で短くなり結果としてペニスの機能を果たせない状態が埋没包茎です。
つまりは本来は正常なペニスなのに肥満のため自ら包茎状態を作り出してしまっているのです。
メタボリックシンドロームと同様埋没包茎は生活習慣病とひとくくりに考えられています。

皮下脂肪を取り除くことでペニスの埋没が解消される

脂肪が多い為勃起したペニスも大半が埋もれてしまいます。
性行為中もピストン運動がうまくいかず感じなくてもいいはずの挫折感を感じてしまいます。
埋没包茎を解消するには埋もれているペニスを露出させる必要があるのですが、それには
病院やクリニックでの埋没陰茎矯正術などが必要になってきます。
それにむけてダイエットで余計な皮下脂肪を先に落としておく事で、より治療効果を実感でき
るのはもちろんの事メタボリックシンドロームの改善にも繋がり男として一皮も二皮もむけた
状態に生まれ変わる事ができます。

そのためにできる皮下脂肪を効果的に取り除くダイエット法とは?

いきなり過激なダイエットは禁物です。
長続きしないのはもちろん相当のストレスとなって必ずリバウンドしてしまいます。
焦りは禁物です。
まずは食生活の見直しから始めましょう。
飲み物を低カロリーなものに変えていき最終的にはお茶などを目標に。
間食もダラダラと食べずに、小分けの袋のものを1日何個までから始める。
メインの食事は量はそのままでも野菜を多くして満腹感を感じるように。
最大の難関は運動です。
外に出るのも億劫だとは思いますが、30分以上歩けるようになるまでがんばって下さい。
すべては徐々に行う事です。
必ずダイエットに成功して自信を取り戻してください。

まとめ

埋没包茎は病的な包茎とは違い肥満が原因なのです。
男としての自信をなくす必要はまったくありません。
必要なのはまずはダイエットです。
ペニスで悩んでいる人は大勢いる中で本来は立派なペニスをもっているのに
自ら包茎状態にしてしまっているなんて信じられないと怒られますよ。
肥満も包茎も治して素晴しい性生活が送れればもっと人生が楽しくなるはずです。
今ここから皮っていや変わってみませんか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲