HOME » 包茎改善 » 埋没包茎を治す

肥満による包茎を解消する方法とは?脂肪を取って包茎を改善しよう!

埋没包茎を治す

2015年06月26日  

DB88_haradetana-15162433

脂肪が増加することによって陰茎が埋もれてしまう

包茎と一言でいっても、それになってしまう人というのには、人それぞれの理由があります。
その1つに、太ってしまったことによって、包茎になってしまうというケースがあります。何故太ってしまうと包茎になるのでしょうか。
それは、肥満のために下腹部が脂肪に覆われてしまい、その結果陰茎部が脂肪に埋もれてしまい、短くなるという傾向にあるのです。包皮は下腹部の皮膚と繋がっているので、埋もれることはありませんが、皮膚自体は余ってしまい、包茎となるのです。

まずはバランスの良い食事を心がけることが大切

そのような脂肪の多い体にならないためにも、毎日の食生活を改善するようにしましょう。
基本は、バランスの良い食事を心がけるということです。まずカットする物は、高カロリーの食べ物、そして脂肪分を多く含む、揚げ物などを摂取するのを控えましょう。完全にカットするのは無理でしょうから、週に1度など、回数を制限しましょう。
野菜中心の食生活で、血行が良くなるようなものを食べると良いでしょう。
また、ペニスを増大させることによって包茎が治る事もありますから、同時に、にんにくやねぎなどの勢力がつく食べ物を食べると良いでしょう。

ダイエットを実践する

誰からも肥満体と思われるような体型の方や、急激に太ってしまったという方はダイエットを実践しましょう。
今までバスを使っていた所を歩いてみたり、家でエクササイズをしたり、さらに食生活を和食中心のものにして外食を控えるようにすれば、すぐに効果は出るはずです。

まとめ

包茎だけではなく、太り過ぎというのは体に様々な悪影響を及ぼします。ですから、包茎だけのためではなく、健康と自分のためにも普通体型になるように食生活を改めましょう。そこから包茎も完全治癒となり、さらには体もすっきりして、いいことづくめになりますよね。最近太ってきて包茎気味かもと思っている方、食生活を改善しましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲