HOME » ヘルスケア » その他の症状

クインケ浮腫の原因と予防法を覚えておきましょう

その他の症状

2016年01月14日  

Took this quick self portrait by my apartment wall with a lamp and tripod yesterday. Composite of three images.

クインケ腫瘍の予兆

クインケ浮腫の予兆は人それぞれで程度も違いますが、よく言われているのが頭痛、皮膚のかゆみ、ピリピリ感です。

クインケ浮腫とは

クインケ浮腫とは、蕁麻疹の一種で血管性浮腫と呼ばれます。
アレルギーだと言われていますが、ほとんどの場合は原因がないままに突然、口腔内や唇、目の周り、頬、あるいは手足の一部に腫れが生じるものです。
その際にかゆみは伴いません。
腫れは直径数センチ程度で、丸い形をしています。
数時間から3日程度、長くても1週間程度でむくみが自然に収まる場合がほとんどです。
消化管にむくみが生じる場合もあり、下痢や嘔吐などの症状が出ます。
まれですが喉に起こることもあり、その際は呼吸困難に注意が必要となります。
なかなか腫れが収まらない場合は、抗ヒスタミン剤を処方してもらうことで、治ります。
再発を繰り返すこともクインケ浮腫の特徴です。

クインケ腫瘍の対策

顔がパンパンで外出もままならないなんて事態はぜひとも避けたいものです。
もし仮にクインケ浮腫の予兆である頭痛やかゆみ、ピリピリを感じた場合は、抗ヒスタミン剤や血管性浮腫の予防として使われるトラネキサム酸を早めに服用するようにしましょう。
はっきりとした原因がわかっていないので対策は難しいのですが、クインケ浮腫になるのは神経質な女性に多いというデータがありますので、日頃から疲れやストレスを溜めないようにし、しっかりと睡眠をとることが対策として有効になります。
また、一度クインケ浮腫にかかった方は激しい運動やけが、極端な暑さと寒さ、風邪などでも症状が悪化することもあるので、なるべく避けるようにしましょう。

まとめ

顔が太ったように見えたり、むくんだように見えたりするのは、お酒の飲み過ぎや塩分の摂り過ぎではなく、クインケ浮腫の可能性もあります。
クインケ浮腫は現在のところ、はっきりとした原因がわかっていませんが、ストレスを溜めないことが有効と言われます。
日頃からしっかりと睡眠をとり、ストレスを解消するようにして、クインケ浮腫の予防に努めましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲