HOME » ヘルスケア » 口内炎を治す方法

口内炎のはあなたの体の危険信号です。放っておかずに早めに対処することをおすすめします。

口内炎を治す方法

2016年02月22日  

kounaien-kikenshingou

口内炎の原因

赤くただる、もしくはびらんを生じるなら、ウイルス性口内炎を疑うべきです。
カビの増殖や性行為感染症が原因です。
円形・楕円形の腫瘍ができるなら、アフタ性口内炎です。
原因は栄養障害やストレス、免疫力の低下などが考えられます。

粘膜の損傷も考えられます。
粘膜が損傷していれば、アフタ性口内炎も発症してしまうかもしれません。
口の中が熱くなったように感じたり口臭に悩むようになったら、カタル性口内炎にかかっているかもしれません。
原因は粘膜の損傷や薬の刺激などです。

また、熱い物を口にするなどして口内を火傷した際になりやすい口内炎でもあります。
粘膜に炎症が出るのであれば、アレルギー性口内炎の可能性があります。
食品や金属、薬が原因として考えられます。
粘膜や舌に白斑ができるならニコチン性口内炎です。
タバコを吸う人がなりやすい口内炎です。

口内炎の予防

基本的には、口内の粘膜を傷付けないこと、こまめに歯磨きをして口内を清潔に保つことが重要です。
また、免疫力を高めるために、バランスのとれた食事を心がけましょう。
ビタミンCなどのビタミンは粘膜を正常に保つ働きがあります。

避けたほうがよいのは糖分を多く含んだ菓子類やアルコール、辛い食べ物です。
過剰な糖分やアルコールはビタミンを破壊してしまいますし、辛い食べ物は口内を刺激して口内炎のリスクを高めます。

口内炎の対策

症状が軽いようであれば、バランスのとれた食事を心がけつつたっぷりと睡眠をとり、様子を見ましょう。
内服薬やうがい薬を使用するのもよいでしょう。

ただし、症状が辛い場合や他に持病を持っている場合は、専門医に受診することをおすすめします。

まとめ

口内炎には「ウイルス感染」や「免疫力の低下」、「粘膜の損傷」など、複数の原因があります。
自分の症状と照らし合わせ、なぜ自分が口内炎にかかってしまったのか考えるべきです。
予防するには、免疫力を高めるためにバランスのとれた食事や睡眠を意識するとよいでしょう。

嗜好品の摂りすぎには注意してください。
症状が軽いなら自宅で様子を見ても大丈夫です。
ただし、辛い場合や他に持病がある場合は受診をおすすめします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲