HOME » ハゲ » 女性の薄毛改善

女性に多いびまん性脱毛症の対策方法とは?様々な視点からご紹介していきます!

女性の薄毛改善

2015年06月04日  

gatag-00005082

ダイエットを一時中止して様子を見る

食べないダイエットは、やめましょう。髪も臓器と対応しています。過剰なダイエットも過剰な摂取も、臓器に負担をかけて髪が抜けやすくなります。食事を摂らないで、水分ばかり摂取していると、腎臓に負担をかけます。体も冷えるので、頭皮の血行も悪くなります。理想的なのは、肉、卵、乳製品、油脂、砂糖が主流の食生活をやめることです。玄米、野菜、豆、海藻の食生活に変えると、髪に必要なビタミンやミネラルが摂れます。女性ホルモンのバランスも回復します。また、ダイエット効果もあり、栄養も摂れるので、考えてみてください。

ドライヤーやヘアアイロンの使用頻度を控える

ドライヤーを長い時間あてたり、髪を染めたり、パーマをかけたり、一日何度も洗髪すると、髪や頭皮に負担がかかります。洗浄力の強いシャンプーを使うのも控えましょう。頭皮にシャンプーの成分が残っていると頭皮のトラブルの原因になります。十分に、すすぎは行ってください。オーガニックなども検討してください。

ストレスを解消する

最近増えてきているのが、ストレスによる「びまん性脱毛症」です。女性が仕事に就くことが当たり前になってきています。モラル・ハラスメントなどのストレスも問題になっています。家庭内では、育児による疲れが蓄積され、メンタルのバランスを崩してしまいます。神経系の疲労や障害が、血管収縮、血行不良を起こし、毛髪に必要な栄養を運べなくなってしまいます。女性の場合は、ホルモンのバランスにも影響しやすいので、ストレスをためない工夫しましょう。ストレスは、過剰摂取につながりやすいので、臓器に負担をかけてしまいます。悪循環で、髪が抜けやすくなります。

まとめ

びまん性脱毛症の原因は、生活に密着しています。特に身体的な原因は、食生活が大きいと思われます。臓器への負担は避けた方がいいです。極端なダイエットの方法も見直して、栄養バランスを整えましょう。過度のヘアケアーの改善も、ストレスの解消も含めて、びまん性脱毛症が進展しないように、早期に取り組んでください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲