HOME » ハゲ » 薄毛の改善する方法

生え際の違和感・・・今からでも遅くない頭皮ケア5選

薄毛の改善する方法

2016年01月14日  

haegiwa-iwakan-touhicare

男性の頭髪について

男性ホルモンが毛根の細胞と結びついてしまうと髪の成長を止まり、抜け落ちていきます。
そこで、体のバランスを整えて頭皮の血行を改善することが最優先になります。
もし、生え際が後退しているかもしれない・・・そう感じたら、すぐ対策を始めましょう。
血行を悪くなっていたら、日々の生活習慣を見直しましょう。

頭皮ケア① ストレスの解消

ストレスが解消されずに、蓄積されていくとは健康障害を引き起こし、頭皮の血行が悪くなります。
その状態が続くと、生え際が後退する原因にもなります。
ストレスを感じる日々が続いたら、休みの日に趣味に打ち込んでみたり公園で森林浴をしたり、自分に合ったストレス解消を行いリラックスしましょう。

頭皮ケア② 目に休息を。

1日中、お仕事でパソコンを使用したり、プライベートの時間にスマホ・タブレットを閲覧したり、目を休ませることなく酷使しますと頭皮にコリができてしまいます。
このコリは血行を悪化させ、髪の毛へ栄養が届きにくくなりますので、1時間に1回外を眺めるなど目に休息を与えましょう。

頭皮ケア③ 頭皮マッサージ

肩や首のコリが気になる人は、おそらく頭皮にもコリがあります。
頭皮は上記で述べたように目を酷使したり、長時間同じ姿勢をしているとコリます。
洗髪をする際に、頭皮をマッサージしてあげましょう。
自分では効果的なマッサージが難しいという方は、理容室や美容院でも受付けているテンポも数多くあるので、散発の際に一緒にお願いしてみるといいでしょう。

頭皮ケア④ 血流をよくしよう

ドロドロの血液では、老廃物が多く血流も悪くなることから、頭髪への栄養が行き届きにくくなります。
血流を改善し、生え際の後退を食い止めましょう。
そのために、血液がサラサラになる効果がある玉ねぎや梅肉、豆乳などを定期的に摂取しましょう。
血液がサラサラになり、血流がよくなると血管の老化も防ぐ事ができ、若返り効果の期待できると言われてますので、普段の食生活から改善していきましょう。

頭皮ケア⑤ 育毛剤を活用

男性ホルモンのタイプ、毛根にある毛母細胞を活性化するタイプなど、育毛剤にもいくつか種類があるので自分に最適な育毛剤を選択できます。
育毛剤は効果が表れるまでに、約半年ほど必要とされていますので、「すぐに効果がない、どうしよう」などと焦らずに、”継続は力なり”ということで効果が表れることに期待し継続していきましょう。

まとめ

生え際が違和感が生じたら、すぐに行動を起こしましょう。
ストレスが蓄積し、コリからなる頭皮へのダメージが多い人は、一気に生え際後退という可能性もあります。
日頃からファーストフードやコンビニ弁当が多い人は、食生活を見直し改善するとよいでしょう。
頭皮のケア以上に、身体ケアも非常に大事です。頭髪に栄養が行き届かなければ、いくら育毛剤を使用しても効果は期待できません。
ここで述べてきたことをひとつひとつ実践し、さらに定期的に運動をし、ライフスタイルを見直し、心も体も安らかにさせてあげましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲