HOME » 肌荒れ » 花粉の肌荒れ解消

花粉による肌荒れを予防する方法!花粉のシーズンに備えよう

花粉の肌荒れ解消

2015年09月15日  

GG003

花粉による肌荒れの原因はアレルギー反応によるもの

花粉症を発症している方は既に目のまわりの痒みや、首までの赤い湿疹といった苦しい症状をご経験の方もいるかと思います。
症状がひどい場合、まずは皮膚科への受診が必要です。
併せて注意したいのが、花粉症ではない人が、肌に花粉のダメージを受ける場合です。
花粉症は今発症していなくても、アレルゲンとなる花粉を浴び続けると、ある時突然発症することが知られていますね。
潜在的に花粉症になる可能性を秘めている人が、春に弱った肌を花粉に晒すと、肌荒れ、炎症、という形で影響を受けます。
自分で花粉アレルギーを自覚していなくても、肌がアレルギー反応を起こしているのです。

保湿をして炎症を抑える

鼻のかみすぎにより、鼻の周りが真っ赤になり肌荒れしている人は、乾いた薄いティッシュではなく保湿タイプのティッシュを使うなど、花粉の影響の受けやすい部分の保湿をこころがけるようにする。
保湿は刺激の弱い商品などを使用しないと悪化の原因になるので注意が必要である。

アレルゲンの花粉に触れないようにマスクや眼鏡をして対処

外出時には花粉を吸い込まないようにマスクを着用し、プロテクター付のメガネやマスク、帽子でガードするのも効果的です。
ただしマスクを装着している間に口のまわりに湿気がたまり、それが刺激になって口周辺が荒れる場合があります。また、マスクの素材が合わなかったり、マスクがこすれるなどして肌が荒れることもあるので、自分に合ったマスクを選ぶようにするといいです。
など早めの対策で花粉予防するように心掛けることが大切です。

まとめ

花粉による肌荒れの原因は、外出時などに顔や皮膚に付着した花粉自体や花粉症によるはなかみなどが炎症の原因となってしまいます。
改善するためには、炎症部分のマメな保湿や花粉の原因となるアレルゲンが付着しないようにマスクや帽子、メガネタイプのプロテクターなどをして予防を心掛けることが大切です。早めの対策で肌荒れを防ぐといいです。

管理人のコメント

管理人の加藤です。
分かりやすく説明していきたいと思います。

花粉による肌荒れの原因
元々花粉症を持っている方は発症しやすいようです。ただ目が痒くなったり鼻水が出るのではなく、酷い場合は肌荒れを引き起こします。特に免疫力が落ちた肌には発症しやすい傾向があります。

肌荒れを抑える方法
1.保湿をして炎症を抑えましょう。肌が乾いてる原因は皮脂が減少し肌を守るバリアが無い状況であるからです。乾燥させないよう保湿して、肌荒れを防ぎましょう。
2.そもそものアレルゲンに触れないようにしましょう。マスクや眼鏡をして対処することで外へ出かけた時でもアレルゲンに触れないように出来ます。

花粉症を軽く見ていては痛い目に合います。花粉の季節になったらまずは健康体でいれるようにしましょう。そうすることで、花粉から自分を守れます。
そのためにも自分自身の健康管理は怠らずに毎日規則正しい生活と睡眠を心がけて下さい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲