HOME » 肌荒れ » 敏感肌の対策方法

敏感肌には酵素洗顔が最適?その方法とは!

敏感肌の対策方法

2015年10月08日  

DF159

ある程度洗浄力の高いものも選ぶのがコツ

酵素には、タンパク質や脂肪を分解する働きがあります。その働きを利用したものが酵素洗顔で、皮膚の主な構成要素のタンパク質を含む古い角質、そして皮脂を取り除くことができます。酵素洗顔料選ぶ際のコツとしては、古い角質や皮脂などの汚れを確実に落としてくれるようなある程度洗浄力の高いもの、敏感肌の原因である肌のバリア機能の低下を招かないようにためにうるおいを残すもの、低刺激のものを選ぶことが大切です。

洗い過ぎに注意

酵素洗顔を行う頻度は週に1、2回に留めましょう。毎日行うと刺激が強すぎてトラブルの原因になりかねません。酵素洗顔の頻度を守って、美肌を目指しましょう。万が一、ニキビなどの肌トラブルが発生した場合は、すぐに使用を中止しましょう。

酵素洗顔の肌への効果

酵素洗顔により古い角質を取り除くことができるので肌のくすみがなくなり、ワーントーン明るめの肌へと導く効果が期待できます。また、毛穴の黒ずみや角栓を取り除く効果もあります。さらに肌のターンオーバーを整える効果もあり、使い続けるうちに古い角質に過剰な皮脂や汚れが混じることでできる角栓や大人ニキビ予防にも効果があります。

酵素洗顔のやり方

酵素洗顔のやり方としては、まず手をきれいに洗い、体温よりやや低めのぬるま湯で顔を洗います。次に洗顔料をモコモコになる位に泡立てます。泡を顔にのせたら広い部分は指を滑らすようにして、鼻はクルクルと円を描くようにしながら優しく洗い、ぬるま湯で生え際まで丁寧にすすぎます。最後に清潔なタオルでそっと押し当てるようにして拭きます。酵素洗顔に限らず、普段の洗顔の時にも実践すると、きれいな肌に近づけます。

まとめ

酵素洗顔はやり方や頻度に注意すれば、敏感肌の人にとっても最適な方法と言えます。一日も早く毛穴レスなきれいな肌になりたいからと言って毎日酵素洗顔をすると、かえってニキビなどのトラブルに見舞われるようになるかもしれません。美は一日にしてならず!酵素洗顔は週に1、2度のスペシャルケアとして正しいやり方で行って、一歩一歩確実にきれいを目指しましょう。

管理人のコメント

管理人の加藤です。

ここでは酵素洗顔をする上で敏感肌向きの商品を紹介したい思います。

それは「ミノンアミノモイストクリアウォッシュパウダー」です。
こちらの商品が何故敏感肌向けかと言うと、元々低刺激が売りの酵素洗顔ですが、その中でも抜群の低刺激を実現しています。
そしてその理由としては泡立ちです。
他の洗顔料と違い多く泡立つので肌を傷つけず、古い角質だけを取り除いてくれます。
そして何より刺激に弱い顔用に作られていると言うてんもあり、顔以外の部位に使用しても肌荒れを起こさず洗えるのが特徴です。
是非試してみて下さい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲