HOME » 肌荒れ » アトピーを治す方法

【女性必見!】赤みやかゆみを改善するスキンケアとは

アトピーを治す方法

2015年05月01日  

AF072

赤みやかゆみの原因とは

赤み、かゆみは皮膚が薄くなることにより、強い刺激を受けることが原因とされています。
肌の免疫が下がり炎症が起こるので、赤く、かゆくなるのです。

ストレスによる皮膚の赤みやかゆみの改善法

年末などの忙しい時期はストレスがたまりがちです。
それにより免疫力が低下し、ちょっとした刺激で炎症を起こすのが原因です。
改善法はいたって簡単で、しっかりと睡眠をとり、無理をしない生活を送ることです。
それをするだけで効果が表れます。

意外と夏に出やすい赤みやかゆみの改善法

夏場の赤み、かゆみは肌の洗い過ぎが原因です。
夏場は体臭や汗を気にして無意識にいつもより多く、強く洗ってしまいます。
それにより、必要最低限なければいけない皮脂まで洗い流してしまい、皮膚の免疫が低下したことであかみ、かゆみを発症します。
この改善法はクリームやオイルで皮脂膜を作ることで改善します。
勿論洗う回数も発症してしまったら抑えることが重要です。

花粉症による赤みやかゆみには?

一見花粉症と聞くと、くしゃみや鼻水、目のかゆみという印象が強いですが、弱い人はそれだけではないようです。
花粉症が原因で、顔や皮膚が赤くなる人もいるようです。
こちらの改善法としては、免疫を少しでも上げるためにお茶を飲んだり、クリームやオイルを塗っておくことが改善に繋がります。
またこの症状は花粉シーズンだけですので花粉シーズン前にはなるべく体調を整え、前もってケアをしておきましょう。

スキンケア用の化粧水を使ってケア

いつも愛用している化粧水を使ったら、肌がひりひりしたり、赤くなったり、かゆくなるなどの症状がでたら直ちにやめ、肌荒れ用の化粧水にチェンジしましょう。チェンジするだけではなく塗り方にも気を遣いましょう。塗るときは優しいタッチで塗って下さい。強くパッティングしてしまうと血行を促進し、ひりひりして逆効果です。

間違ったスキンケアを根本的に改善する

間違ったスキンケアをしていると知らずに化粧品を使い、肌トラブルを抱えている人は少なくはありません。自分が間違ったスキンケアをしていないか確認してみましょう。
クレンジング、洗顔の仕方が間違っていませんか?
今一度使い方の説明書を見直してみて下さい。
熱いお湯での洗顔をしていませんか?
熱いお湯は必要な皮脂まで洗い流してしまい逆効果です。
紫外線の防止剤などはSPF値を見てお選びでしょうか?SPF値が高いものは肌荒れしやすい人は向きません。
メイクを一日中しちゃってませんか?
一日ごとにちゃんと洗い流し、ケアをしないと肌が荒れていまいます。
お手入れの際にこすり過ぎまたは強くこすり過ぎてませんか?
適度な力で、適度な分こすらないと皮脂がなくなってしまい肌に炎症が起きやすくなってしまいます。
以上を確認してみましょう。その中にあなたの肌荒れの原因があるかもしてません。

まとめ

肌トラブルは様々な原因があるのをお分かりいただけたでしょうか?
改めて今までやっていた洗顔法や、今まで使っていた化粧水、紫外線カットクリームなど確認してみましょう。
そうすることで改善の糸口が必ず見つかるはずです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲