HOME » 肌荒れ » アトピーを治す方法

実はムダだった効果がないアトピー予防方法とは

アトピーを治す方法

2016年03月07日  

jitsuhamuda-atopy

アトピーに悩む人は、いろいろなアトピー対策を行っていることと思います。
しかし、アトピーの対策のためと思ってやっている予防方法の中には、ムダな方法がある場合があります。

保湿

アトピーの人には保湿が大切だと言われますが、実は保湿が逆効果になっている可能性があります。
アトピーの人は、肌のターンオーバーが乱れていることが特徴です。

アトピーの症状である乾燥やかゆみによって古い皮膚がはがれ落ちることを繰り返し、肌のターンオーバーを助けていると言っても過言ではありません。
保湿しすぎると肌のターンオーバーをいっそう遅れさせる原因になりますので、気をつけましょう。

入浴時の石鹸やシャンプーの使用

アトピーの肌は清潔にしなくてはいけないということで、入浴時に石鹸を使ったり、シャンプーを使って洗う人が多いと思います。
しかし、石鹸やシャンプーに含まれる洗浄成分が肌に刺激を与え過ぎてしまい、肌に必要な皮脂まで落とす可能性もあります。

お湯に浸かったり、流すだけで十分に落ちますのでお湯洗いを心がけるとよいでしょう。
メイクもお湯だけで洗い流せるものを使うことがおすすめです。

サウナや岩盤浴

サウナや岩盤浴の温浴効果により新陳代謝を活発にさせたり、血行促進効果があるのでアトピーに効果的と言われていますが、利用法を間違えると効果が得られないどころか、逆効果になってしまう場合があります。
肌の乾燥はアトピーにはよくありませんので、可能ならば低温のサウナやスチームサウナなどを利用するとよいでしょう。

また、サウナに入る前に、失う分の水分を補給しておくことが大切です。
スポーツドリンクなどで十分に水分補給してから、サウナや岩盤浴を利用しましょう。

まとめ

現在、さまざまなアトピーの予防、対策法の情報が氾濫しています。
アトピーの予防改善のためにせっかく対策を講じるなら、意味のないことはしたくないものです。
保湿のしすぎや入浴時の石鹸やシャンプーの使用は、アトピーを予防させるどころか逆効果になる場合もあります。

また、サウナや岩盤浴を利用するにしても、利用時に注意しないといけません。
適切な予防方法で、アトピーに縁のないきれいな肌を目指すようにしましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲