HOME » 学歴 » 薄給の悩み解消

低収入でもやりくり上手な黒字計画

薄給の悩み解消

2016年03月01日  

yarikurijouzu-kuro

専業主婦なら働く

当然と言えば当然ですが、夫の収入が低収入でしたら専業主婦をしている場合ではありません。
専業主婦なのでしたら、無理のない範囲で働いてみませんか。

フルタイムもいいですが、あまり忙しすぎて夫のお弁当が作れなかったり、夕食が惣菜ばかりになっては結局ムダな出費が増えてしまいます。
無理のない範囲で、また扶養の範囲になる程度のパートをすることをお勧めします。

シンプルライフ

最近は断捨離と言う言葉も一般的に知られるようになりましたね。
物に縛られない生活を送ることは、お金がかからない生活とも言えます。
物があることが豊かさの象徴だった時代は終わりました。

今ある物の数を減らして限られたものの中で暮らすことは、心の豊かさにもつながります。
断捨離で不要になったものはリサイクルショップやオークションで売ってすっきりしましょう。

食費と光熱費

毎月特に無駄遣いしていないのに、お金が残らないという人はプチ贅沢をしている可能性があります。
ひとつひとつが安いからとお菓子やジュースなど嗜好品が多くはありませんか。
これは食費とは別に計算してみるとよく分かります。

食品の買い出しは、スーパーの特売日に合わせてまとめ買いをするようにします。
コンビニでつい何かを買う習慣があったという人も、コンビニ通いはやめてスーパーで買うようにします。

またちょっと意識するだけで変わってくるのは光熱費です。
つけっぱなしや、水の出しっぱなしは、自分だけではなく家族全員で取り組むようにします。

固定費

固定費の見直しをしてみませんか。
毎月同じ額を支払う保険代も、言われるままに加入して保証が重複している場合もあります。
保険のコンサルタントで診断してもらい、自分に必要な保険を見直してみてください。

また家賃は毎月支払い続けるものですので、敷金礼金などが余分にかかってきますが一度見直してみてもいいかも知れません。
中古マンションの購入なら、賃貸よりオトクになる可能性も高いです。

最後に通信費を見直してみます。
なんとなく高い携帯料金を払っていたものを格安SIMに切り替えるだけで1ヶ月に数千円からの節約が可能になります。

まとめ

生活全てを一度に変えるのは難しいですね。
ですが無理のない範囲で、自分にできる範囲で少しずつ変えていけば、少しずつ黒字家計に近づくことができます。
今まで低収入のせいで貯金ができなかったという人も、固定費など大きく節約の効果の出てくる項目を見直すことで毎月貯金をすることだってできます。

収入を増やすことも大切ですが、それは今の経済状況ではそううまくはいきません。
収入を増やすための努力もしつつ、毎月の支出を抑えていくことで低収入でも無理なく黒字にすることができますね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲