HOME » 学歴 » 学歴の悩み

学歴社会は海外も凄かった!日本だけじゃないその実態とは?

学歴の悩み

2015年09月11日  

gy018

そもそも学歴社会とはどんなこと?

よく耳にする学歴社会とは一体どんなものかというと、大きく分けて2つにこの学歴社会は分けられます。
1つは、学校名を大切にする学歴社会、そして、もう1つは学校名ではなく、どんなことを学生時代にやってきたかという、まさに学歴を見られる学歴社会とがあります。
この「学歴」によって、その人の社会的地位や立場を決めることを学歴社会というのです。

日本の学歴社会とは

日本の学歴社会は、この2通りの学歴社会でいえば、完全に全社で、学校名を重要視する学歴社会です。
有名な○○大学の○○学部を卒業したということが重要視され、その後に、その大学でどういったことを中心に学び、どういった事に携わってきたのかということを、就職時には採用基準として参考にされます。

海外の学歴社会とは

では、海外ではどういった学歴社会が重要視されているのでしょうか。
海外と言っても多くの国がありますから、国によって異なりますが、基本的には後者の「何を学生時代に専門的にやってきた」かということが重要視される学歴社会です。
このやってきたことが専門職であればある程、就職時には給料も高くなり、もちろん、採用される率も高くなります。

なぜ学歴社会が浸透しているのか

学歴社会がこれほどもまでに浸透しているのは、1番は就職が大きいでしょう。
学歴が良ければ良いほど、「良い」職種に就けるとされていますし、それだけではなく、高収入を得られるであろうという考えが浸透しているため、学歴社会がここまで広がったと言えるでしょう。

まとめ

よく日本は学歴社会だと言われていますが、正直日本以上に学歴社会な国はたくさんあります。
お隣韓国も、すさまじい受験戦争が行われていますし、アメリカやイギリスなども専門知識をできるだけ得ようと、一生懸命学生生活を送っている学生が多いです。
そんな日本と海外の学歴社会の事情はこんな感じになっていますので、参考にしてみてください。

管理人のコメント

管理人の加藤です。
分かりやすく説明していきたいと思います。

学歴社会とは実力や技術力ではなく卒業した大学名や学生時代にどんなことをやってきたかと言うことを重視する社会現象のことを指します。

日本の学歴社会では大学名や大学で何を学んできたかの「経歴」を重視する傾向にある。

海外の学歴社会では学生時代に何を「専門的」に学んだかを重視るす傾向にあります。

学歴社会が世界に浸透しているのは、学歴がその人の一番のプロフィールになるので判断基準に設定しやすいという点です。
なので職種にもよりますが、学歴が良ければそれに見合った収入が得られると考えられています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲