HOME » 学歴 » 学歴の悩み

学歴コンプレックスを抱えている人にありがちな特徴

学歴の悩み

2016年01月14日  

gakucom-arigachi-tokucho

学校名や偏差値などの学歴にこだわり、それらによって人の序列を決めている学歴コンプレックスを抱える人々。
学歴コンプレックスを抱える人の特徴は、時に人を蔑ろにしてしまう場合があります。
そんな学歴コンプレックスを抱える人の特徴をご紹介します。

すぐに学歴を聞いてくる

とても解りやすい学歴コンプレックスの特徴は、すぐに学歴を聞いてくるという点です。
初対面や自己紹介時でも遠慮なくまずは学歴を聞いてくる人は要注意。
学歴コンプレックスを抱えていると、とにかく他の人の学歴も気になるのです。
学歴によって序列が左右されるため、相手の学歴次第で対応を変えてくるのも特徴です。

失敗を学歴のせいにする

仕事やプライベートがうまくいかないことを学歴のせいにしがちな学歴コンプレックスを抱える人々。
自分が仕事やプライベートに持つ不満さえも、全て学歴のせいだと考えてしまいます。
自分の努力で変えられることすら学歴のせいにして責任を逃れてしまうので、いつまでも失敗を引きずる傾向にあります。

人を見下す傾向にある

学歴コンプレックスを抱える人は学歴によって人の順列を決めてしまうので、自分より学歴が低い人を見下すことで学歴へのプライドを埋めようとします。
自分の学歴に不満や不安があるからこそ、自分よりも下の人を見て優位に立ちたいのです。
しかし逆に、自分よりも学歴が高い人はコンプレックスを刺激されることを恐れ避けるのが特徴です。

自分の子供に教育熱心

自らの学歴コンプレックスを克服しようと、子供に高学歴を求め教育熱心になるのが学歴コンプレックスを抱える人に見られる特徴です。
自分が学歴コンプレックスを抱えたからこそ、子供が同じ思いをしないようにと熱心になりますが、特に子供自身の意思を捻じ曲げてまで高学歴を求めることがあるので要注意です。

まとめ

学歴コンプレックスを抱える人は、自らの学歴に悩み苦しんでいる人が多いのもまた事実です。
確かにまだまだ社会ではが学歴によっての優劣が存在しますが、学歴に左右されるのではなく、自ら努力できることは努力してこそ学歴に勝る実力を得ることができるでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲