HOME » 目の病気 » ドライアイを治す方法

パソコンが原因のドライアイを改善する方法とは?

ドライアイを治す方法

2015年10月18日  

manolo-mac-1525539

今日、本当に様々なお仕事でPCを使うことが求められるようになってきましたよね。
その中で、PCを使われる方に多くいるのが「ドライアイに悩む方」だと思います。
本日は、PCを使用するときに、ドライアイにならないようにするための注意点をいくつかご紹介いたします。

瞬きをするよう意識する

PCを使用しているとき、思ったよりも集中してしまうため、瞬きの回数が極端に下がるというデータがあることをご存じでしたでしょうか?
PCに集中しているな、と思ったときには、意識して瞬きの回数を増やすことを心掛けましょう。

正しい姿勢で画面を見る

姿勢と目の渇きは一見関係がないように思われるかもしれませんが、実は深い関係があるのです。
正しい姿勢で血流を悪くしないことで、ドライアイになることをある程度防ぐことができます。

モニターの明るさを調整する

モニターの明度が高すぎることで、ドライアイの原因となるブルーライトを多く浴びてしまいます。
モニターの明るさは、必要以上に明るくしないことも一つのポイントとなりそうです。

タバコの煙を避ける

今は少ないかもしれませんが、タバコをオフィスで吸うことができる場合の方向けです。
タバコの煙を多く浴びることも、ドライアイの一つの原因となるようです。

一日3回は休憩を取って目を休める時間を作る

PCをずっと使用し続けることがドライアイの原因として大きなものがあります。
休息を心掛けるようにしましょう。

ドライアイ用の点眼剤を使う

最も直接的な方法だと思います。
しかし、あまり使用しすぎると、かえって状況が悪化することもあるようなので注意が必要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今では、サービス業や現場においても、PCでのやり取りは必須となってきているかと思います。
どうしても、仕事熱心な方ほど、集中しすぎてしまい、ドライアイの症状が出てしまうこともあるかと思います。
しかし、健康は失ってから気づくもの。ドライアイも同じです。その中で、ずっとご自身の健康的な目で、健康的な生活を保ちうづけるためにも、辛いドライアイにならないように注意が必要ではないでしょうか。

管理人のコメント

管理人の加藤です。

本文で紹介し切れていな部分がありましたのでドライアイを改善するための方法としてもう一つご紹介したいと思います。

それは紫外線のカットです。
今の段階ではドライアイで済んでいるかもしれませんが、それを放置しておくと時間がたつにつれ、白内障を発症する恐れがあります。
特に日本人は外国人と違って目のほりが浅い人が多い人種です。サングラスを装着したり、帽子を被るなどして対策していかなければなりません。
さらに風やホコリも対処が必要です。サングラスなどを身につけ、常日頃から目には気を配りましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲