HOME » 目の病気 » コンタクトの正しい使い方

カラコンのメリット・デメリット

コンタクトの正しい使い方

2016年02月22日  

colorcon-melidemeli

ハーフメイクを完成させるために手軽に取り入れられるとあり、人気のカラコン。
今回はカラコンのメリット、デメリットを紹介します。

カラコンとは

カラコンとはカラーコンタクトのことで、視力矯正を兼ねた度入りのものと度なしのものがあります。
近年、おしゃれの一環として取り入れる女性が増えています。

カラコンのメリット

カラコンを使うことで目元や顔の印象を変えることができる上、さまざまな色やデザインのカラコンがあるので、服やメイクなどによって自由に楽しむことができるのがメリットです。

また、自分の理想とする顔に近づけることができるアイテムなので、自信を持てるというメリットもあります。

カラコンのデメリット

度付きの一般的なコンタクトとは違って、カラコンはもともと酸素透過性が低いので角膜に影響を与えるリスクが高いと言え、視力低下につながる場合があります。

また、通販などでも手軽に購入できるとあり、レンズ使用の際に必要な知識を持たず、手入れの方法を知らないままに使うことが多いため、トラブルが続出しています。
レンズの長時間使用や手入れ不足、あるいはレンズの貸し借りなどによって、角膜炎を始めとする眼病、視力低下、さらには失明の危険性も秘めています。

目のトラブルを回避のためのカラコン利用法

目の健康は守りたい、でもおしゃれもしたいというアナタのために、カラコンの上手な利用法をお教えします。

まずは、処方してもらったものを使いましょう。
通販などで購入できるものの中にはコンタクトの表面に色を着けただけという粗悪品も含まれます。

また、自分の目の大きさに合っていないものは目に負担をかけることになりますので、処方してもらったものを使いましょう。
そして、装着時と外すときの手は清潔に、レンズの手入れもまめに丁寧に行いましょう。
レンズの使用期間、装用時間を守り、貸し借り、重ねづけは決してしないようにしましょう。

まとめ

10代や20代のおしゃれのための必須アイテムになりつつあるカラコン。
カラコンには顔や目元の印象を変えるだけでなく、バリエーションを楽しむメリットがあります。
その反面、眼病などのデメリットがあります。

大切な目のためにも処方された安全性の高いカラコンを選び、正しい使用方法で使うことでトラブルから目を守るようにしましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲