HOME » 目の病気 » アレルギー性結膜炎の治し方

アレルギー性結膜炎の治し方とは?これで辛い目の痛みも無くなります!

アレルギー性結膜炎の治し方

2015年10月21日  

brown-eye-1548527

マスクや眼鏡でスギ花粉を徹底的にシャットアウトする

アレルギー性結膜炎の原因には季節性のものと、通年性のものがあり、季節性のものは花粉などが原因で起こります。
スギ花粉の季節には、マスクやメガネをして外から花粉が目や鼻の粘膜に侵入するのを防ぎましょう。
粘膜は繋がっているので、鼻から花粉が侵入しても、目の粘膜も炎症を起こしてしまうので注意が必要です。

家庭ではハウスダストなどをアレルゲンを排除する

アレルギー性結膜炎のもう一つの原因に通年性のものが挙げられます。
これは、季節に関わらず一年中起こる可能性があります。
それは家庭にあるハウスダストなどが原因物質と考えられます。
他にもカビやダニ、ペットの毛などが挙げられます。
日頃から掃除と換気を行い、アレルゲンの除去に心がけましょう。

抗アレルギーの点眼剤を使う

アレルギー性結膜炎の治療には、抗アレルギー点眼薬が有効です。
目のかゆみを引き起こす、ヒスタミンの働きを抑え、増加するのを防ぎます。
また花粉症が原因とわかっている場合には、花粉が飛散する1ヶ月前などから、
点眼薬を使用してしているとより効果的です。症状が重い場合には、
ステロイドの入った点眼薬を処方されることもあります。

コンタクトレンズをしている人はメガネに変える

コンタクトレンズを使用している人は、メガネに変えましょう。
コンタクトにアレルゲンが付着したりする可能性や、また涙や目薬で花粉などのアレルゲンを体の外へ流す妨げになるかもしれないので、
症状がある時にはコンタクトは控えることをおすすめします。

まとめ

アレルギー性結膜炎は他人いうつったりしませんが、目が充血したり、ゴロゴロしたり、かゆくとても不快な症状です。
どのアレルゲンに反応して症状が出ているのか特定し、アレルゲン物質を排除できるといいと思います。
花粉が原因の場合には、マスクやメガネで侵入するのを防ぐことができますし、ハウスダストの場合には空気清浄器などを利用して、
症状がでないような環境づくりをしていきたいものです。症状がよくならない場合には我慢をせず、医療機関を受診しましょう。

管理人のコメント

管理人の加藤です。

アレルギー性結膜炎を治すために効果的な電化製品と生活習慣についてご紹介します。
それは空気清浄機です。
空気清浄機を部屋に置き常に清潔な空気がある状況を作りましょう。
空気中には常に目では見えないミクロなゴミが日常行動により散布されています。
それを防ぐためにも免疫力を向上させる必要があり、アレルギーを悪化させる効果があるアルコールや睡眠不足や過労などは避け、健康的な生活を送るよう意識しましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲