HOME » エクササイズ » 体を動かすダイエット

ダンスダイエットの方法とは?

体を動かすダイエット

2015年10月15日  

dancing-girl-1429938

基礎代謝向上に繋がる

ダンスは全身を使った有酸素運動です。
効率よく、しかも楽しく、全身の脂肪を燃焼できます。
また、ダンスを続けると、普段使わない部分に筋肉がつきます。
それが基礎代謝の向上に繋がるのです。
有酸素運動を継続すると、食事制限だけでは落ちにくい皮下脂肪を燃やすことができます。
コツコツと毎日続けましょう。

自宅でも簡単に出来る

ダンスというと、スタジオで習うものを思い浮かべる方が多いと思いますが、初心者向けのDVDが販売されています。
筋トレを挟んだダイエット向けのものから、アイドルの振り付けを真似するものまであります。
まずは好きなジャンルを選び、練習してみましょう。
誰にも見られず、こっそり取り組めるところがダンスダイエットの魅力でもあります。
また、好きな曲で踊ることで、ストレスの解消にも繋がります。

ベリーダンスでくびれを作る

ベリーダンスが趣味の人には、くびれが綺麗な人が多いですよね。
ベリーダンスはくびれの元となる腹斜筋を鍛えることができます。
腹斜筋は、普段の生活ではほとんど使わないので、衰えやすい筋肉です。
また、ベリーダンスは有酸素運動ですので、継続すればお腹についた皮下脂肪を落とすことも可能です。
細いくびれたウエストを手に入れたい方は、是非ベリーダンスに挑戦してみてください。

食前と食後が効果

食前の空腹時に運動をすると、脂肪が燃えやすい効果があります。
一方、食後に運動をすると、脂肪が溜まりにくい身体になるという利点があります。
両方の効果を得るために、食前と食後の両方にダンスを取り入れることをおすすめします。

まとめ

ダンスダイエットは有酸素運動かつ全身運動ですので、効率よく脂肪を燃やし、基礎代謝をアップできます。
DVDを購入すれば、ダンス初心者でも自宅で簡単に取り組めます。
ウエストにくびれが欲しい方には、ベリーダンスがおすすめです。
運動のタイミングは、食前と食後でそれぞれのメリットがありますので、両方行うことで、効果が出やすくなります。

管理人のコメント

管理人の加藤です。

ダンスダイエットの長続きさせるコツをご紹介します。

それはダンスダイエットで好きな音楽をかけるということと、自分で一日の目安を作ってみると言うことです。
ダンスダイエットは基本的のDVDを見てやりますが、その時に画面を見ていればいいだけで、音は特に聞く必要はありません。
ですので、好きな曲をかけて、テンションを上げ、やる気アップすることで「明日は何の曲を聞いてやろうかな?」など、ダイエット中の楽しみが産まれます。
そして次に時間を決めると言うことです。
これは個人差にもよりますが、数回つ続けてやってみて、「疲れてきたかな?」と思った時間を目安にしましょう。
やり過ぎてもやらなさ過ぎても長続きしません。
ですので、適度な時間を見つけて行っていきましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲