HOME » ED改善 » 若年性EDの改善

【ED】最近若者にEDが多い原因とは?現代社会が及ぼす影響【若年層】

若年性EDの改善

2015年06月29日  

a0002_010321_m

ブラック企業の増加で疲労困憊のため勃起力にも影響を与えている

最近では、2,30代の若い世代がEDにかかっていることが多いです。そして、彼らがそうなってしまう原因のほとんどが、仕事による疲労、そしてストレスからくるものだと言われています。
昨今では、よく聞かれるブラック企業に属している人も多いです。残業をほぼ強制的にさせられたり、人間関係が劣悪だったり、あまりにもおかしな仕事をしていたりと様々な理由はあるでしょうが、そういった企業に働き、心身ともに疲労困憊になってしまい、勃起力が落ちてしまう方が少なくないのです。

不規則な生活や不摂生が影響している

今あなたの生活習慣というのはどうなっていますか。きちんと仕事の時間、食事の時間、寝る時間というのは、決まった時間に十分に取っていますか。
この生活習慣が不規則、乱れている人はEDになりやすいです。特にバランスの悪い食事を摂っている、いわゆる不摂生な方というのは、例えば、EDにつながるようなハイカロリー食品、脂質の高い物などを摂りがちです。
外食が多い方は必然的にそうなってしまい、その結果、血流が悪くなり、勃起する力を失くし、EDとなってしまうので、バランスの良い食事、そして生活習慣を整えるようにしましょう。

平均睡眠時間の減少

どうしても仕事が忙しかったり、やりたいことがあると、睡眠時間を削ってしまいます。寝ている間に男性ホルモンが分泌されるので、その時間を割いてしまうと勃起する力を得ることができません。ですから、十分な睡眠時間をとるようにしましょう。

まとめ

若い世代というと、常に元気で性欲にあふれているイメージがあると思いますが、昨今ではそれが変わってきています。
職場の環境が悪かったり、あまりにもバランスの悪い食事や、乱れた生活習慣を送ってしまうと、すぐに体にその結果は出てきます。若年性のEDだと思っている方は、まずこれらの点を見直して、改善する事をおすすめします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲