HOME » ED改善 » 心因性EDの改善

心因的EDの原因と改善するための男性機能回復法!

心因性EDの改善

2015年08月07日  

m015-093

そもそもなぜ心因的EDになってしまうのか

心因的EDとは、肉体的には全く問題がないのに精神面が原因でEDになってしまったものです。原因としてはいくつか考えられますが、過去のストレスやセックスの失敗、パートナーの浮気など日常生活での大きなショックなどが挙げられます。

几帳面な人や神経質な人が心因的EDになりやすい

心因的EDになりやすいのは、几帳面な人や神経質な人だといわれています。過去の失敗をクヨクヨ悩んだり、気分転換がヘタでストレスをため込んだりするからです。こういうタイプは、一度症状が現れてしまうと「次もダメかもしれない」などと思い、さらなるストレスを招く悪循環に陥ることもあります。

なるべくストレスを発散するようにする

心因的EDの原因のひとつはストレスですから、可能な限りストレスを発散していくことが対策のひとつになります。上記のようなタイプの男性は基本的にデリケートなので、パートナーの不用意な言動がストレスとなり、さらに症状を悪化させることがありますので、周囲の協力も必要になってきます。

疲れを取ってあげることで心因的EDは改善する

強い疲労感を感じることが心因的EDの原因となっているケースもあります。休息で疲れを取るのが一番なのですが、場合によってはED治療薬を服用し、疲労感を取るようにすることで問題を解決することもあります。肉体的には問題がないため、一度うまくいけば解決に向かうのも心因的EDの特徴です。

どんなに忙しくても会社での休憩は取るように心がける

仕事上のストレスは男性ホルモンの分泌に悪影響を与えることが知られています。男性ホルモンが減少すれば性欲は減退し、EDの原因になってしまいます。こうならないためにも忙しくても会社では適度に休憩を取り、ストレスをためすぎないようにすることが肝要です。

まとめ

心因的EDは極論すれば「心の持ちよう」がすべてといってもいいのです。どうやれば上手くいくのか悩みすぎてストレスをためこみ、悪循環に陥ってしまうのが特徴なのです。実際のところ「こうすれば確実に良くなる」という方法はありませんが、肉体的に問題がないのですから、何らかの理由で上手くいけばあとはスムーズに事が運ぶことも多いです。「なるようになる」とあまり真剣に悩まないのもひとつの方法なのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲