HOME » ED改善 » EDの改善方法

早漏が原因で勃起不全に!彼女に嫌われる前に出来る早漏の改善方法とは

EDの改善方法

2015年06月30日  

a0002_002672_m

勃起は出来るが継続時間が短い、または完全に勃起しない(ED)に当てはまる勃起不全を改善するためには。

早漏と言う恐怖からいざ行為に及んだ時勃起不全になる

早漏というのは脳で作用するアドレナリンの分泌が多かったり、性器への刺激に弱いなどの理由が原因です。
そして早漏であることがパートナーの不満になるのではないかといった不安が自律神経を刺激してしまい、勃起不全になることも少なくありません。

メンタル面の強化で改善

自律神経には交感神経と副交感神経が存在しますが、交感神経が刺激されてしまうと「ピンチ・危機感」を認識してリラックスが出来なくなります。
不安や不眠・ストレス・生活習慣の乱れによってノンアドレナリンが過剰分泌され、脳が正常に作動しなくなってしまうので勃起不全を起こしやすくなってしまいます。

性行為での異常興奮を抑えるコツ

性交渉の少ない人や性欲の強い人は逆にアドレナリンの分泌が多くなってしまうために射精時間が短くなり、早漏の原因になるので「タンパク質・豚肉・鶏肉・卵・牛乳」などを適度に摂取し、セロトニンを増やすことに気を配ると異常興奮を抑えることが出来ます。

精力のつく食材を取る

亜鉛が豊富な魚介系類…牡蠣、魚の卵、白子、海老、イカ、ナマコ。
特にタコにはタウリンが豊富ですし、蟹やアワビなどはアルギニンを豊富に含んでいます。
硫化リアルも豊富なビタミンB群…ニンニク、人参、ごぼう、ニラ。
血液をサラサラにしてくれるため勃起の妨げも解消出来ます。

自宅でできる強い刺激に慣れる方法

生活習慣の改善やメンタル面の強化だけでは治らない場合は刺激に慣れるしかありません。
そのためには亀頭への刺激をする、優しく性器を揉むといったことを繰り返すと段々刺激に慣れてきます。

まとめ

病院での治療やサプリメント・改善グッズに頼らず、自分の悪いところから改善することを始めつつパートナーともきちんと話し合い、理解を得ることが安心や信頼に繋がると思うので、焦らず時間をかけゆっくりと改善しながら健康体も同時に手に入れることが大切です。
ですから早漏や勃起不全(ED)はもう治らない…と諦めずに実践してみてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲