HOME » ED改善 » EDの改善方法

器質性EDの基礎知識

EDの改善方法

2016年03月18日  

kishitsusei-ed

器質性EDとは

器質性EDとは、体に何らかの原因があって、物理的に勃起不全に陥るというEDのことを指します。
色々な要因によって、起こるEDの総称でありますので、対策も異なってくるものでありますので、原因をよく確認しないといけないです。

器質性EDの原因

器質性EDの場合には、実に様々な原因があります。

加齢によって、動脈硬化が起き血流量が悪くなることや、糖尿病など生活習慣病の合併症により起こることがあります。
また、精神障害によるテストステロンの量の減少によるもの、外科的な資料や事故による血管の損傷によるものなど。
実に様々な原因があったりしています。

器質性EDというものは一口に原因を説明することができず、その対策も様々なことが多かったりします。

器質性EDの予防、治療

器質性EDの予防や対策としては、生活習慣を基本的に整えておくことが重要であると思われます。
生活習慣を整えれば、生活習慣病や動脈硬化によるものを防止することが可能であります。

また、外科的なものによって血管が傷ついていないような男性の更年期が原因のものや精神的なものが原因でしたら、ED治療薬を投入することによって治療効果が期待できるようなことが考えられるでしょう。

血管が傷ついていて、勃起不全を起こしている場合には、薬の効果が期待できない可能性があります。
ICI治療によって、プロスタグランジン E1 製剤を陰茎海綿体へといれることにより、強制的に勃起させるという手段を取らなければならないでしょう。

まとめ

器質性EDと一口に言っても、その原因や治療方法はかなり違ってくるものであります。

個人では、なかなか対策や予防・治療をしていくのは難しいEDであると思います。
もし、このEDではないかと感じた際には、近くの病院などで診断を受けたうえで正しい原因を突き止め、しっかりとした対策を取りましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲