HOME » ED改善 » EDの改善方法

EDの原因はコンドームにあった?コンドームによって起こるEDとは!

EDの改善方法

2015年06月30日  

m010-039

コンドームが亀頭への刺激を遮断してしまっている

女性といい感じの空気になっている時に、コンドームをつけた瞬間に、「あれ?まさか…」と思ってしまった事がある男性、いませんか。
日本のコンドームは非常にレベルが高いものだということは、世界でも知られています。その薄さも世界一のレベルなのですが、とはいってもゴムが亀頭を覆っている状態です。それによってほぼ刺激は変わらないはずですが、亀頭の刺激を遮断してしまい、感度が鈍ってしまい、そのまま萎えるということにもなってしまうのです。

巨根の人はコンドームの締め付けが原因で血が上手く循環できないことも

さらに、ペニスが人よりも大きいという方は、一般的なコンドームのサイズだと、どうしても小さいと感じてしまうかもしれません。でも、やらないと望まないことが起こってしまう可能性もあります。
だからこそつけるのですが、そうすると、ゴムがペニスを締め付けてしまい、勃起に必要な血流が、うまく循環しなくなってしまい萎えてしまいます。
血流は勃起に1番大切なことですから、それができないことで、いいムードの時に残念な結果になってしまいます。

生とコンドーム着用との感覚の違いによっておこる

今まであまりコンドームをつけずに行為に及んでいた方も、コンドームを着用する事で、生との感覚の違いからコンドームEDとなってしまうことがあります。
敏感な方は、この違いだけでどうしても感度の違いを感じてしまい、生の際にはきちんと最後までできるのに、コンドームを着用すると、その時点で萎えてしまうという方もいます。

まとめ

コンドームEDは誰しも1度は経験があるくらいよくあることでしょう。
確かに生とコンドームでは感度は違うかもしれませんが、そう思いこんでしまうと、コンドームを使用する事に体が拒否反応を起こしてしまい、いつまでたってもコンドームEDは治りません。ですから、コンドームの装着をスピーディーにするなどして、対策を立て、あまり考えないようにしましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲