HOME » ED改善 » 高齢期EDの改善

50代でもできる勃起力を維持するための方法とは?

高齢期EDの改善

2015年06月29日  

261a49f6343e52379fc6a9ad67e49269_l

50代での精力や勃起力低下の原因について説明した上で、おすすめのトレーニング方法などについて説明します。

50代のEDは筋力の低下が原因

男性の性機能に直接かかわる男性ホルモン「テストステロン」の分泌は、20代前半をピークにしてそれ以後は年々減少します。
60代でピーク時の5割以下になるとされますから、50代で精力や勃起力の減退を感じるのは、ある程度しかたないことと言っていいでしょう。
男性ホルモンは筋力をアップする働きがありますから、それが減少すれば、当然筋力は低下します。
ところが、逆に、筋力が低下すると男性ホルモンの分泌量が減少するという一面もあるのです。
つまり、それだけ男性ホルモンと筋力は密接な関係があるということ。
50代でのEDは、実は筋力低下が原因になっているケースが少なくありません。

勃起力を上げるための筋トレとは

ということはつまり、筋力アップをすることによって男性ホルモンの分泌を促進することが可能なのです。
効果的なのは脚と腹筋のトレーニング。
脚を動かす神経と勃起にかかわる神経はシンクロしますから、筋力アップの側面からだけでなく、脚の運動はED改善に効果があるのです。
おすすめなのはスクワット。
スクワットで鍛える太ももの筋肉は男性器と一部連動していますので、効果的です。
また、腹筋運動も男性ホルモンの分泌促進につながりますし、ダンベルを使った筋トレにも、同様の効果が期待できます。

サプリメントを併合することでダブル効果

そうした筋力トレーニングに併せて、精力アップサプリを服用するといいでしょう。
シトルリンやアルギニンなど、ED改善に効果のある成分を配合したサプリメントが多種類流通しています。
比較検討して、自分が一番納得できる成分を含んだサプリを服用するといいでしょう。

バランスの良い食事が血流を促進する

やはり毎日の食生活も大切です。
ポイントはできるだけ多種類の食品をバランス良く摂取すること。
そして、海藻に多く含まれるフコイダンやヌルヌル成分であるムチン、セックスビタミンと呼ばれるビタミンEなどを含む食材を積極的に摂ることです。

まとめ

多くの男性にとって「セックスの曲がり角」ともいえる50代。
更年期障害を経験することも少なくない、危険な年代です。
ここでは、その年代にあってEDに悩む男性のために、改善方法を紹介しました。
大切なのは「あきらめない」ということと、地道な毎日の努力を継続するということ。
ともすればED改善に対して、男性は即効性を求めがちですが、焦ることなく努力を積み重ねることが大切なのです。
それができるのが、分別盛りの50代ということもできるでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲