HOME » 童貞の卒業法 » 童貞になりやすい男

童貞の原因は自信がないから?現在の20代の童貞が増加傾向にある理由とは?

童貞になりやすい男

2015年06月22日  

a1640_000325_m

恋愛が面倒くさい

おそらく、一番多く聞かれる理由がこれだろう。恋人よりも友達といる方が楽しい。そう言って憚らない男性は、筆者の周りにも大勢いる。ではなぜ、そのような男性が量産されるようになってしまったのか。これには様々な理由があると思うが、一つにメディアの多様化、という要素が挙げられると筆者は考える。例を挙げれば、男性と女性の接触が文字や絵、声のみでできるようになってしまったこと。つまり、バーチャルの世界でコミュニケーションが完結してしまい、現実世界における異性との直接的な接触に不安感、あるいは嫌悪感さえ抱いている人が多くなっているのではないだろうか。

異常なほどのコンプレックス

現代の若者は、異常なほどのコンプレックスに晒されている。それというのも、イケメンや○○王子、など見た目を過度に重視した言葉がここしばらく女性を熱狂させており、それに比べて自分たちは、という若者が増えているのではないだろうか。最近、テレビを見ても美魔女や、佐川男子など、やたら外見を褒め称える言葉が乱立されているように思われる。そのような事態を見聞きすれば当然自分の身にも当てはめることになり、ひいてはそれが女性に対する心理的な枷になっている場合もあり得るはずだ。

趣味に没頭している方が楽しい

これも理由1で紹介したメディアの多様化に関連してくる問題だろう。現代世界は、1人で楽しめる遊びが大量にある。ゲーム、読書、映画鑑賞。数え上げればきりがない。それ自体は大変良いことで、結果として教養を深めることにも繋がるのであろうが、何事にも限度がある。そもそも、趣味と恋愛は両立し得るもので、天秤にかけるものではない。しかし、現代の若者はそうは考えず、時間という尺度を鑑みて、どちらの方が自身にとって有意義なのかと考えてしまう。良く言えば合理主義、悪く言えば融通の利かない頑固者だ。こういった取捨選択が繰り返され、結果として恋愛に類するものは、自分には必要ないものなのだと、段々とその価値を失っていくのではないだろうか。

まとめ

おそらく、上記の理由の他にも個々に様々な事情があるかとは思います。これはあくまで一般論、というか個人的な見解であり、誰もが持っている若干の偏見を交えた意見です。もちろん、童貞は捨てねばならない、なんて馬鹿げたことを言うつもりはありません。しかし、少子高齢化が叫ばれ、男性の草食化が嘆かれる中で、自分がなぜ恋愛や性に関することに興味を持てないのか、とこの記事が自分自身を見つめるきっかけになれば幸いかと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲