HOME » キャリアアップ » 職場でのトラブル解消法

上司の嫉妬を回避する方法

職場でのトラブル解消法

2016年01月14日  

joushi-shit-kaihi

部下の能力に嫉妬してしまう上司が表立って取り上げられることが多くなりました。
それだけ問題は深刻になっているということであり、多くの部下が上司の嫉妬に悩まされているということです。
ここでは、そんな上司の嫉妬をいかに回避するかの方法をご紹介しています。

学歴をひけらかさない

上司よりも自分の方が学歴が高い場合、上司は自分よりも上だというその学歴に嫉妬をしてくることがあります。
有名大学を卒業した、偏差値が高い学校へ通っていたなどの情報をひけらかさず、上司に指摘されても謙虚に仕事を学ぶ姿勢を見せましょう。
謙虚さが欠けると、自分よりも上の学歴を持っているのだからこの仕事ぐらいできるだろうと、上司が無理難題を押し付けてくる可能性があるので注意しましょう。

自分一人で成果を上げ過ぎない

仕事や自分のタスクを張り切ってこなすのも大事ですが、上司よりも自分の方がバリバリ仕事できてしまうと、上司はその成果に嫉妬しがちです。
自分の方が仕事を処理する能力が高く、一人で何でもできてしまうと上司の反感を買いやすいからです。
自分で完璧にできる仕事でも、嫉妬しやすい上司の場合はぐっと堪えて、一部分でも上司を頼ってみるふりをして嫉妬を回避しましょう。

コンプレックスを刺激しない

例えば、自分が上司より上の専門の資格を持っているだとか、自分の方がパソコンを使いこなせるだとか、上司より優れた能力がある場合、それだけで上司は嫉妬する場合があります。
自分には取れなかった資格、できないことをできる部下に、上司のコンプレックスは刺激されてしまうのです。
嫉妬しやすい上司の場合、上司が苦手としていることができても極力目立たせないようにしましょう。

できる限り上司を立てる

仕事において自分が中心になって事を進めている場合、上司はないがしろにされていると感じて嫉妬をしてくる可能性があります。
大変なことではありますが、逐一上司に確認と報告をしたり、相談できるところはあえて相談してみるなどをして、上司を立てた行動を織り交ぜてみましょう。

まとめ

企業側が厳選した優秀な学生を雇うことが多くなり、部下が上司よりも優秀だといったパターンが見られるようになりました。
それにより上司の嫉妬に悩まされる部下も多く、その回避の仕方に悩んでいるのです。
上司からの嫉妬をうまく回避しながら、上司の嫉妬が落ち着くように立ち回ってみましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲