HOME » キャリアアップ » デキない社員の特徴

使えない部下との接し方

デキない社員の特徴

2016年03月10日  

tsukaienai-buka

「使える部下と使えない部下、どちらを選ぶ?」と聞かれると間違いなく使える部下を選びますよね。
しかし、悲しいことに上司は部下を選べません。

メモも取らず要領も悪し!

使えない部下との接し方についてまとめてみました。

期待しない

使えない部下ってイライラしますよね。
「それぐらいちゃんとしろよ!」と怒鳴りたくもなる、その気持ちはとても分かります。

イライラしてしまうということは、少なからず期待をしてしまっているということです。
期待はずれだからイライラするのです。

元も子もない言い方ですが、使えない部下に期待するだけ無駄です。
期待すればするほど、あなたの心が疲弊するだけです。
あなたの心の安定を図るため、使えない部下に期待するのはやめましょう。

自分が一から育てるつもりで

次に、そんな部下に対する心積もりについてです。
「それぐらいできるだろ!」と言いたくなるのをぐっとこらえてください。

“それぐらい”ができないから使えない部下なのです。

「俺が一から育てなおしてやる」くらいの気持ちで挑みましょう。
赤ちゃんを育てるイメージで接することをおすすめします。
何もできない赤ちゃんには、親は腹を立てませんよね。
むしろちょっとしたことでも「成長したんだなあ」と嬉しくなります。自分が一から育てるつもりでいましょう。

他者と比べずその部下自身の成長を見る

ここまでは上司の目線で、使えない部下のことを書きました。
では次に、部下の立場に立って考えてみましょう。

部下の性格によってさまざまなので一概には言えませんが、少なからず自身も自分の無能さに気づいているはずです。
もしかしたら「どうして自分はこんなに駄目なんだろう」と悩んでいるかもしれません。
そこに「どうしてそんな誰でもできることができないんだ!」と言われてしまってはさらに落ち込むばかりです。

悪い部分を同じように指摘されても、「だからお前は駄目なんだ」と言う上司より、「お前の悪いところはここだよ」と他者と比べずに自分を評価してくれる上司についていきたくなりますよね。
他者と比べずにその部下自身の成長を見てあげましょう。

まとめ

メモも取らず要領も悪し!使えない部下との接し方についてのまとめでした。
使えない部下というのは、普段は怒られてばかりのはず、だからこそ自分のことをきちんと見てくれる上司の期待には答えたくなります。
こういった部下というのは、実はとても単純で扱いやすいともいえますね。

後は、”いかに上司がイライラせずに部下の成長を見ることができるか”です。子供や赤ちゃんを一から育てるくらいの気持ちで、こういった上司には接しましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲