HOME » キャリアアップ » ブラック企業の見分け方

優秀な人材がどんどん消えていく危ない会社の特徴

ブラック企業の見分け方

2016年01月07日  

yusyuu-jinzai-kieru

優秀な人材が集まる会社であれば、業績は伸びます。逆に優秀な人材いなければ、業績は悪化します。
本来、優秀な人材というのはどこにでもいます。会社の役割としては、優秀な人材を育て、生かすことです。
優秀な人材がどんどん消えていく会社というのは、優秀な人材を育てられなかったかつぶしてしまったか、もしくは優秀な人材自身が会社に見切りをつけたかです。
優秀な人材であれば、その会社に固執せずとも引く手数多ですしね。
優秀な人材がどんどん消えていく危ない会社の特徴についてまとめてみました。

社員を大切にしていない

いわゆるブラック企業と呼ばれる、社員を大切にしておらず労働力としてしか見ていない会社です。
どんなに頑張っても報われることが無いと人はやる気を失います。その結果優秀な人材であっても、やる気を喪失してしまうのです。
また、自分の能力に自信のある人であれば、早々にそんな会社は見切りをつけるでしょう。
他に働き口があるのであれば、自分の体や心を病んでまで、そんな会社で働こうとは思いませんよね。
結果、働き口が他に見つからないので仕方なく働いている人か、やる気を喪失し惰性で働いている人しかいなくなります。

上位一部の人間のみが優遇される

優秀な人物、上位一部の人間ばかりが優遇される会社というのも、優秀な人材がどんどん消えていく会社です。
優遇されないその他大勢の人は、間違いなくやる気を失います。
中には「なにくそ!」と認められようと頑張る人もいるでしょうがほんの一部です。
また、優秀な人であっても、優遇されすぎると「俺は周囲の人間とは違う」と高慢になったり「多少手を抜いても」といい加減な気持ちになります。
高慢さやいいかげんな気持ちというのは、人を駄目にしてしまいます。
その結果、優秀な人材が優秀でなくなってしまうのです。

社長や専務が全ての実権を握る

社長や専務が全ての実権を握る会社というのも、場合によっては考え物です。
社員のためを思い、何かあった時には責任を取るといった実権の握り方であれば問題はないでしょう。
しかし中には、独裁国家のような会社もありますよね。
そういった会社では、「ついて行きたくない」と優秀な人材であれば逃げることでしょう。
また、その他大勢の人は「右へ習え」となり、自分で考えることを辞めてしまうでしょう。
独裁者の意見に合わせるというのはある意味楽です。
だって自分で考えなくて良いのですから。
でも、そういった”考えることをやめてしまった環境”の中では絶対に優秀な人材は育ちません。

まとめ

いかがでしたか?
優秀な人材がどんどん消えていく危ない会社の特徴についてまとめてみました。
冒頭でも述べたとおり、優秀な人材というのは本来どこにでもいます。
育てれば伸びるし磨けば光るダイヤの原石なのに、それをつぶしてしまっていることも多いのです。
また、優秀な人材はより優秀な人の下で働きたいと思います。
優秀な会社に優秀な人材は集まるのです。
「優秀な人材が欲しい」と嘆くのであれば、会社経営者は優秀な会社になるように心がけるべきですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲