HOME » キャリアアップ » ブラック企業の見分け方

ブラック企業で薄給な会社の見分け方!これでもう会社の罠に引っかかることは無くなります!

ブラック企業の見分け方

2015年06月28日  

PAK86_mewokosurinagara20141123140752-(1)

常に募集をかけている会社は要注意

転職サイトなどで常に募集をかけている企業をブラック企業である可能性が高いです。
人を採用してもすぐに辞めるため常に募集をかけなければ会社が回らないからです。
また追記すると複数の転職媒体に登録している会社も要注意です。

みなし残業制度を採用している会社は要注意

残業が多い企業で実際の残業時間で残業代を払うと人件費が高くなるので、みなし残業を採用している企業がなかにはあります。
これは残業が長いブラック企業の隠れ蓑となっているケースが多いです。
またみなし残業のため月に200時間以上働いていても実際の給料には何も影響がないということがあります。

夜遅くまで会社の明かりがともっている会社は注意

一日ならともかく何日も夜遅くまで明かりがともっている場合は残業を夜遅くまで行うことが当たり前になっているブラック企業である可能性があります。

従業員数が少ない会社は要注意

従業員数が少ない会社は社長のワンマン企業である可能性があります。
社長に気に入られなければパラハラなどにより辞めさせられることがあります。
また人が少ない分、人付き合いが完全に決まってしまっていて新しく入社する人がすごく肩身が狭くなる場合があります。

求人広告と入社した後提示される会社はほぼブラック企業

求人広告には「賞与年○回あり」と記載があっても、実際には在籍中に賞与が1度も出なかったという話を聞くことがあります。求人広告には目を引くことがかかれていても実際に入社して守らなかった会社はほぼブラックです。そのため従業員数が少ない会社はブラック会社である可能性があるので要注意です。

まとめ

結局ブラック企業に入らないようにするため一番大事なことは、入社する前にその企業についてよく調べることが重要です。現代ではインターネットにより企業を退職した人の体験談を見ることができます。またインターネットだけでなくその会社を実際に見に行くことも重要です。よく調べないうちにブラック企業に入社してしまい結局退職することになるということがないように見極める自分のポイントを持つことが重要です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲