HOME » 美肌 » 乳液で肌荒れ解消

乳液の必要性って?肌質によって使い分けよう

乳液で肌荒れ解消

2015年09月22日  

TSU93_shizukuhukyouwaon

乳液は乾燥肌を防いでくれる

乳液の役割はお肌に蓋をすることです。ですので化粧水をお肌にはたいた後にその成分をお肌に留めるためには乳液が必要になります。特に有効なのがお風呂上りに塗れたお肌の上から乳液を塗ることです。
肌の水分量が一番多いお風呂上りに乳液で蓋をすることでもっちり肌を実感することができます。

脂性肌には乳液は必要ない

乳液は脂性肌には必要ない…といわれていますが、脂性肌には2種類存在します。
もともと皮脂の分泌が活発な肌と、肌の内側が乾いていて防護のために肌が油っぽくなっているという肌です。
前者は思春期の子供などの場合多い症状ですのでこの場合、乳液は必要ではありません。
ですが後者の場合は肌状態の改善が必要になります。
肌環境が悪化する原因は主に、睡眠不足、乱れた食生活、洗いすぎなどがあります。
これらの原因を根絶しない限り、お肌は自己防衛のために皮脂を分泌し続けてしまいます。
早く寝る、ビタミンCなどの皮膚を保護する栄養素を摂取する、洗顔料はよくあわ立ててごしごしせずにやさしくなでるように洗うなど対策が必要です。

乳液の効果

乳液の役割はお肌の上にバリアをはって、皮膚から水分が蒸発するのをふせぐことです。
お肌の水分量は、肌年齢にも関係し、見た目にも影響してきますので注意していきたいものです。化粧水をパッティングした後やパックが終わった後に
乳液をしないで放置しているとせっかくの美容成分が水分とともに蒸発してしまいます。
お肌に成分を留めるためにも化粧水後にすぐ乳液で蓋をする必要があります。
また、水分をお肌に留めることは肌本来が持つターンオーバーを促すことにもなります。
お風呂上りに肌が水分を含んだ状態で乳液で蓋をすると化粧水に頼らなくても肌が本来の力を取り戻してもちもちとした肌になります。

まとめ

乳液はただ気が向いた時に塗ればいいというわけではありません。乳液は肌の水分蒸発を防ぎ、化粧水の成分を肌に浸透させるという役割を持っています。
使い方によっては化粧水を使わなくても肌の状態を良好に保つことができるようになります。ただ、肌の環境は生活習慣や食事による影響も大きいですので普段から気をつけることが大事です。乳液をうまく活用してあなたも美肌を手に入れましょう。

管理人のコメント

管理人の加藤です。
分かりやすく補足していきたいと思います。

まずは大事なのが乳液をつける順番です。
基本的に乳液は化粧水の後につけて、化粧水にふたをするという表現が用いられていますが、厳密にはそういうわけではありません。
実は化粧水にはほとんど水分補給能力は備わっていません。ですのでここで出てくるのが乳液です。
順番的には化粧水をつけた後に乳液、と言う順番です。そうすることで、化粧水で潤った肌を保ってくれます。

そして意外と重要なのが、季節で使い分けると言うものです。
暑い夏場などは保湿をしなくても皮脂の過剰分泌は起こらないのですが、冬場は乾燥するため保湿を行わなければなりません。
この場合は差が激しいです。夏は乳液無しでも大丈夫ですが、冬は保湿のためにたっぷり使ってあげて下さい。

これらを守って肌のケアを行えば綺麗な肌を維持することができます。
これで乳液の必要性が理解できたともいますので、これからは正しい方法で使っていきましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲