HOME » 美肌 » 肌荒れの治し方

パンツのゴムかぶれを解消する方法とは

肌荒れの治し方

2015年09月12日  

DF138

なぜ下着でかぶれてしまうのか

下着でかぶれてしまうことを接触性皮膚炎と呼びます。
下着と皮膚が接触することで起こります。
原因としては、自分の肌に合わない素材を使用している下着だったり、下着と肌の摩擦によるものが原因だったり、また、下着を洗う洗濯洗剤や、柔軟剤に含まれる成分が原因になることがあります。
下着の素材で科学繊維はもちろんですが、綿や絹などの天然素材を使用していても、ゴムやレース部分にポリエステルが使用されていたりタグや、ブラジャーのホックの金具が接触することが金属アレルギーが原因でかぶれることもあります。

ステロイド剤を使って対処

下着でかぶれてしまった場合、皮膚科では消炎効果が高いステロイド剤を使った治療が主に行われています。
かゆくて、掻きむしってしまうと、それでできた傷から細菌が入り込み、ひどい炎症を起こしてしまいます。
細菌感染を防ぐために、抗生物質を配合したステロイド外用剤を使用します。
また肌が乾燥をすると、かゆみの原因になるので、お風呂から出たあと、ローションや保湿クリームを塗り、日頃から皮膚を保護し、予防することも大切です。

酷い場合は皮膚科へ受診しましょう

市販のデリケートゾーン用の塗り薬や、保湿クリームやローションでかゆみが良くならない場合には、皮膚科での受診をお勧めします。
また、原因となる下着は身につけないように気をつけ、縫い目の少ない下着に変えるなど工夫してみると良いと思います。
下着も石鹸で手洗いするといいでしょう。汗をかくと、下着の中が蒸れてよけいにかゆくなってしまうので、汗をかいた時には下着を着替えたりするいいと思います。

まとめ

まず下着でかぶれてしまったら、その素材だったり、きつく摩擦がする下着は身につけないようにし、天然素材のものを身につけると良いでしょう。
原因ととりはらったところで、ステロイドなどの軟膏で炎症した箇所を鎮め、炎症が広がらないように注意し、ひどい時には、ためらわず皮膚科へ受診するようにしましょう。
そして炎症が起きてしまった場所を清潔な保とうと、洗いすぎも皮膚のバリア機能をこわしてしまう可能性があるので、洗いすぎにも注意が必要です。

管理人のコメント

管理人の加藤です。
分かりやすくまとめていきたいと思います。

パンツのゴムかぶれの原因
主に肌に合わない素材、下着と肌の摩擦、洗濯した後に残ってしまった洗剤や柔軟剤などが原因で、正式にはパンツのゴムかぶれのことを接触性皮膚炎と呼ぶ。

パンツのゴムかぶれを解消する方法
1.軽度の炎症では消炎効果が高いステロイド剤を使って対処
2.重度の炎症では抗生物質を配合したステロイド剤を使う
3.ローションや保湿クリームで炎症部分の感想を防ぐ
4.酷い場合は皮膚科へ受診すること

この4つが基本的なゴムかぶれの対処法です。これらを行い早期のかぶれ治療を行っていきましょう。そうすることで痛みや酷いかゆみが出る前に完治できます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲