HOME » ダイエット法 » リバウンドを防ぐダイエット法

急激なダイエットは危ない!激ヤセの裏に潜む副作用

リバウンドを防ぐダイエット法

2016年02月29日  

kyuugeki-diet

とにかく痩せたい一心でファスティングなどで激ヤセした場合、怖い副作用があります。

生理が来なくなる

必死の思いで断食などして、体重が減って満足していたら、生理が来なくなるトラブルに見舞われる場合があります。
急激な体重減少により、ホルモンバランスが崩れてしまうことで生理はストップしてしまいます。
体重を元に戻せばすぐに生理が来るわけではなく、人によっては数年来ない場合もあります。

過食症・拒食症

過度の食事制限をすることで、過食症や拒食症に陥る可能性があります。

胆石

過激なダイエットの結果、胆嚢に長時間胆汁をとどめておくことになり、胆石になるリスクを高めます。
突然のひどい腹痛に悩まされ、胆石になって胆嚢ごと摘出し、その結果、頻繁に下痢になるということもありえます。

脂肪肝

過度に痩せすぎると全身の脂肪が肝臓に集まり、脂肪肝になります。
脂肪肝は肝臓がんにもつながります。

歯の痛み

急激なダイエットは、当然のことながら顔も痩せます。
噛みあわせが悪くなり、歯に痛みを感じる場合があります。
痛みを取るために歯を削る処置が必要になる恐れがあります。

貧血

急激なダイエットをすると、大抵の場合、栄養不足になります。
その結果、貧血になるリスクを高めます。

便秘

食事量が減ることで、便秘になりやすくなります。
栄養不足と重なって、肌荒れの原因にもなります。

自律神経失調症

頭痛、めまい、吐き気、倦怠感、疲労感、イライラなど全身への不快な症状が表れる自律神経失調症になる場合があります。

うつ

自律神経失調症が引き金となり、うつ状態になるリスクもあります。

風邪をひきやすく治らない

栄養不足により免疫力が低下し、風邪をひきやすくなり、しかも治りが悪くなります。

体毛は濃くなり、髪の抜け毛は多い

ホルモンバランスが崩れてしまうゆえに、足や腕などの体毛は濃くなるのに髪の抜け毛が多くなります。

まとめ

痩せてきれいになりたいと思う女性は多いですが、痩せたらダイエット成功というわけではありません。

痩せることがゴールではなく、あくまでも通過点に過ぎません。
体重を減らすだけに終始するのではなく、健康であることが何よりも大切です。

過激なダイエットの副作用で何年も苦しむ人もいますので、決して無理することがないようにゆっくりダイエットは進めましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲