HOME » ダイエット法 » 部分痩せの方法

ウェストを太くしてしまう悪習慣

部分痩せの方法

2016年03月21日  

west-akusyukan

ビア樽のような体型になる前に、ウェストをを太くしてしまう習慣をチェックしましょう。

長時間同じ姿勢

デスクワークなどでずっと同じ姿勢、特に背筋が伸びていないとウェストが太くなります。
座るときには背筋を伸ばし、休憩の間には背伸びをしたり、反ったりなどのストレッチをしましょう。

小股歩き

歩くときに、小股で歩いたり、足をひきずるように歩くとウェストを絞る動作がないので、ウェストが太くなります。
足の付け根を動かすことを意識して大股歩きをすることで腕の動きも自然と大きくなります。日頃から歩き方にも注意しましょう。

ゆったりめな服

ウェストが気になるからと言って、ゆったりめのワンピースやゴムのパンツなどを愛用しているといっそうルーズになるばかりです。
ベルトを使うなどして、ウェストを意識できる服を選ぶようにしましょう。

睡眠不足

夜ふかしばかりすると女性ホルモンの分泌が減少し、くびれのあるウェストとは程遠くなってしまいます。
また、便秘にもなりやすくなり、おなかが張るだけでなく、ウェストのむくみにもつながります。
規則正しい生活を心がけるようにしましょう。

乱れた食生活

ファストフードやインスタント、スイーツばかりに偏った食事をしていると便秘になり、ウェストを太くします。
野菜は食べているのに便秘という方はタンパク質も摂りましょう。
適量のタンパク質は便秘解消に効果があり、また筋肉やホルモンの材料ともなり、くびれのあるウェストのために効果的です。
バランスのよい食生活を心がけるようにしましょう。

 

運動不足

運動不足だと腰回りの筋肉がこわばり、血行が悪くなり、ウェストが太くなる原因となります。
時間がない方でも家で5分程度でできるラジオ体操やフラフープを取り入れるなどして運動不足を解消しましょう。

まとめ

加齢によってもウェストは太くなりますが、日頃の生活習慣がウェストの太さを大きく左右します。
ウェストを隠してばかりいると、かえって逆効果になってしまいます。
じっと座っているときに猫背になっていないか、チョコチョコ歩いていないかなどウェストを太くしてしまう行動をとっていないか常に意識するようにし、規則正しい生活に軽い運動を取り入れてくびれのあるウェストを目指しましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲